スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早秋薔薇

13092701.jpg
Jeanne d'Arc 2006年 Jan Spek Rozen

今年の秋はほとんど剪定らしい剪定をしなかったので、
すでに秋のバラがそのまま咲き始めている。

13092702.jpg
Yves Piaget 1983年 Mailland

9月になった途端に最低気温が程よく下がったおかげで、
まだ30度超えの季節の割には花びらが多い。

13092703.jpg
La Mariee 2008年 河本バラ園

ラマリエやガブリエルは放っておくと春から晩秋までずっと咲き続ける。

13092704.jpg
Claude Monet 2012年 Delbard

絞りバラは模様が少なめ。

13092705.jpg
Jubile du Prince de Monaco 2000年 メイアン

大きさが小ぶりのものも。

13092707.jpg
John Paul Ⅱ 2008年 J&P

しかし今年は本当にコガネムシの幼虫被害が多く、
10鉢以上に幼虫が入っていて参った。

13092706.jpg
Genevive Orsi 2012年 Guillot

鉢のほとんどにはコガネムシ対策用で不織布や網目のマルチングをしているが、
気が付くと風やベイサルシュートでめくれ上がっていたりしていて、相当こまめに気を付けていなければあまり効果がないような気もする。

捕捉し損ねたデカいコガネムシ(成虫)が鉢の上に落ちて、
そのままコガネムシ侵入防止用不織布の端をグイン!と足でめくって土の中に逃亡しようとする決定的瞬間も見てしまった。

オルトランなどを撒けば防げるのだろうが、
バラ土の再利用で野菜などを育てるのでそれも躊躇している。


↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。