スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉っぱが眩しい季節

13040301.jpg

今日3週間ぶりぐらいに借りている市民農園に行ったら、
小松菜の背丈が1.2mほどになり、可憐なアブラナ科の黄花が咲いていた
前回収穫寸前の小松菜をヒヨドリの大群にゴッソリと食べられ、
「だめだこりゃ」とそのまま放っておいたのだが、その後暖かくなり一気に復活→トウ立ちしたらしい。

同じくヒヨドリにごっそり食べられたほうれん草もしっかり復活し、
こちらもトウ立ちしかけていたが、なんとか葉を収穫。
自家製はなんといっても無農薬。
グリーンスムージーが楽しみだ。

13040302.jpg

ベランダも、ひと雨ごとに植物は生長。
クレマチスはお互い絡み合って支えあい、近くのバラの枝に掴まろうと必至に葉を伸ばしている。


13040303.jpg

バラの葉の裏にはアブラムシ。
見つけてはセロハンテープでペタペタ捕っているが、
今年はまだ羽根つきアブラムシを見かけない。

アブラムシをセロハンテープにくっつけようとすると、
イッチョマエにヒラリヒラリと身をかわすヤツなんかもいてちょっと面白い。


13040304.jpg

ヘレボルスは花が終わり、
シックに退色する姿もまた魅力的。

↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。