スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王道ピエールドゥロンサ-ル

Pierre de Ronsard 1987年 Meilland
ピエールドゥロンサール 返り咲き 大輪 微香

12082401.jpg
3年目のピエールドゥロンサール。
我が家では今年の春やっと本開花です。

12082402.jpg
1年目は購入してすぐだったのでブッシュ状で数輪開花。
2年目はルージュピエールさんに隠れて全面日陰となりほぼ出開きで数輪のみ開花→コガネムシ幼虫襲来で葉を落とし丸裸。
そして今年です。

12082403.jpg
少し鉢の位置をずらしましたが、ほかのバラの陰になりがちな位置であるのは変わらず。
でも枝をなんとか日が当たるところまで誘引しました。

隣のルージュピエールさんが上の方ばっかりで咲くのに対し、
ピエールさんは下から上までまんべんなく咲いてくれて、さすがだなあと。

12082404.jpg
購入したとき枝が1本しかなく、未だベイサルシュートは出ていないのが気になるところ。
サイドシュートは何本か出るんですけど・・・。
やはり日が全然当たらない場所に鉢元があるからか??

12082405.jpg
最終的にはアーチいっぱいに誘引することを夢見ているので、
今年は10号から大きな鉢へ鉢増ししてあげようかとたくらんでいます。

12082406.jpg
さすがの殿堂入りで、病気にめっぽう強く、なぜか虫にも無視されるピエールドゥロンサール。
そしてなによりこの愛らしい大輪花。これで香りがあればなー・・なんて思うのは欲張りすぎですね。

↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。