実生リトープス&サボテンの経過

12071501.jpg
バラ鉢同様、サボテン&多肉さんたちにとっても、快適な季節は終わりを迎えたようですね~・・・暑い!
これから2ヶ月間は、ひたすら忍耐の季節に突入です。
↑パキポディウム属のみなさんはこの暑さの中ひたすら元気ですけど。
メタリックなボディがまぶしいです。


今年2月27日に種まきをしたリトープスとサボテンの現在の様子。

12071502.jpg
リトープス(シクン系)は並べてみました。
ちょっとずつは大きくなっているんだろうけど、緑のまま特別変化なし。
形はリトープスっぽくなってきました。一部コノフィツムっぽいのもいますけど。
もしかして来年の脱皮シーズンまでこのままなんだろうか?
まだまだ日光にはあてていません。

12071503.jpg
この夏を何体が耐え切れるか・・・
暑くなってすぐ、1体溶けました。ヤバそうなのがほかにも何体か・・・

12071509.jpg
がんばって欲しいものです。


12071504.jpg
サボテンは双葉からサボテンがニョキっと頭を出したところです。
大きさはまだ5ミリほど。

12071507.jpg
長いサボテンもいます。

今回実生実験で種まきしたのは100円ミックス、200円ミックス、フランスモノミックスの3種類。
一番値段が高かったフランスのミックス種が一番沢山生き残っています。

12071508.jpg
この状態のサボテンは、双葉がちょうど腕の生えている生き物みたいで可愛いですね。


12071505.jpg
こちらは梅雨の間うっかり野ざらしにしてしまっていたエケベリアたち。
曇り+雨雨雨の為に生長しまくり、横にも大きくなったけど縦にも大きくなってしまい首が長くて不恰好なのも・・・。

12071506.jpg
夏でもピンクが可愛いアメジスチヌム。

12071511.jpg
リビング側の屋根ありベランダに置いていた多肉たちも、灼熱地獄の季節を前に少しお手入れ。
我が家のベランダは天井がスリガラスなので、
多少遮光されるとはいえ結構容赦ない太陽光がベランダ全体に降り注ぎます。
本当は天井に遮光ネットを張りたいけれど・・・見た目がなー・・・

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply