スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラハムトーマスの新芽&蕾、不調

12050101.jpg
バラの枝葉に埋もれて咲いていたビバーナムの花玉をカット。
花の塊に対して茎がひょろりと細すぎて、すぐにクタっと下を向いてしまいます。
もっと株の充実を図らなければ。

1週間ほど前からの暴風雨→次の日30度超えの夏日&強風→台風のような暴風で、一部バラの新芽がカリッカリのクタックタに。

その中でも勝手口横アーチに絡ませているグラハムトーマスが、急速に調子を落としてしまっています。
それまではモリモリ元気に蕾を量産していたんですが・・・
水切れか、油断していた雨後の強烈な日差しで新芽がカリッカリになっちゃった・・・と思っていたら、次の日には下葉が黄変。そのうちにカリッカリになった葉の先についていた蕾は生長を止めてカリカリに。少なくともバラゾウムシの仕業ではなさそうなんですが・・・。

こりゃイカンと、元気のなくなった蕾は全て元気な5枚葉の上で摘み取りました。よく見るとその元気な5枚葉の付け根には次の芽が出そうなふくらみが。

12050102.jpg

最初は急な暑さでしょぼくれただけかと思っていたけれど、
この急激な生長ストップは根っこに何か異変が起きているのかしら?

2週間前にあげた自家製ぼかし肥+バッドグアノ、もしかしたら量が多すぎて肥料あたりを起こしてる??
・・・でも全く同じポットに同じ分量を与えているジャネットなどは絶好調で、すでに蕾は割れそうな勢いだし・・・。

12050103.jpg

いろんな不安にかられつつ、ちょっと土の様子を見てみようとマルチをめくったところ1匹の虫が、不織布のマルチに脚をとられてもがいていて・・・よく見るとコ、コガネムシ?!

しかも、なんとなく、外から入った成虫というよりも、さなぎから羽化したばかりっぽい羽具合・・・ここでコガネ幼虫疑惑

グラハムトーマスは大きなロゼアポットの39センチ角鉢に植わっているので今まで気が付かなかった??!


12050104.jpg

根っこは?!と思ってスコップで少し土を掘り返すと、表面のボカシ肥料を埋めた場所は湿っているのに(この湿り気は鉢栽培では困ったちゃんのミミズが集まったのが原因かも)中はかなり乾燥していて・・・ 根っこはそれなりに張っているような感じでした。 表面が湿っていたのと大きな鉢に植わっているという油断でやっぱり水切れで調子を崩したか?

いろんな不安要素を抱えつつも、今さら鉢をひっくり返すことも出来ないのであやうい蕾は全て取り去り、黄変した下葉も綺麗に取り除いて様子を見ます。


12050105.jpg
こっちは思いっきり蕾が上がってる最中に水切れさせてしまったアンブリッジローズ。
こちらもずいぶん蕾をダメにしてしましました・・・あちゃー
今年はまだうどんこ病が全く出ていないので喜んでいたんですが・・・今年この時期の敵は風と強烈日差しかも。


気が付けばもう5月。見ればベランダじゅうのバラの葉が茂りに茂ってジャングル状態
茂みに隠れてハバチ系幼虫(多分クロだかシロだかの長い名前のヤツ)が孵化しやすい環境らしく、毎日孵化したてのハバチ系幼虫を見かけます。

12050107.jpg
風通しをよくして病害虫を予防しようと一昨日、バラの下葉を間引いて風通しよくしました。
覗くと鉢の向こう側が見渡せるぐらいにスッキリサッパリ。

同時に茂りすぎた細すぎる枝葉も少し間引きして、全体に風が通るように。


12050108.jpg
ウィンチェスターキャシドラルの蕾はもう間もなく開花しそうです。
メアリーローズ色がちょっと乗ってしまっていて濃いピンク色の縁取りがあります。咲くと真っ白になるのかな?


12050106.jpg
咲いていた牡丹は風と雨で今年もくにゃりと曲がってしまいました。


↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。