スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガベの鋭い棘を隠す兵器

12030201.jpg

この冬、多肉熱が再燃してずいぶん多肉植物の種類が増えました。
そのほとんどが、年末年始に楽天でデジイチやレンズを購入した際に発生した大量の期間限定ポイント(2週間しか猶予がないのはツラい)で購入したので、費用はかかっていないんですが・・・

ちょっと増やしすぎた感は否めない・・・という状況で、
ただいまリビング側のベランダ(屋根付き)は、極小多肉ショップのような有様・・・。

ベンケイソウ科のエケベリアなどラブリー多肉が主なコレクションですが、
そんな多肉の中でもマイブームのひとつが、アガベ属。
クールで男前な草姿に惚れました。

ただこのアガベ達。

葉の先が恐ろしいほど長く尖っていて、その見た目の恐ろしさはサボテンの比じゃありません。
なので、先日読んだ本の写真を参考にさせていただいて・・・

12030208.jpg
その棘の先に丸い発泡スチロールを刺してみました♪

とたんに男前がラブリー天使のように。

写真のアガベは雷神。ほかの棘ありアガベにも同じように発泡スチロール♪
ただ、姫吹き上は棘が多すぎて発泡スチロールが足りなくなったので、
また機会があったら小さい発泡スチロールを手に入れていつか刺してみよう・・・♪

もうひとつのマイブームはユーフォルビア属。

12030205.jpg
棘のようなものの先に小さな花を付ける姿がたまらん・・・♪

12030206.jpg
この角、最初は柔らかいのに、最後は棘有りサボテンみたいに棘のようになるんですけど、
棘ありサボテンが「オレは棘が生えてるゼ!危険だゼ!」という雰囲気に対して
ユーフォルビアは「ボクの身体に爪楊枝が刺さっちゃってるんですケド・・・」という感じ。
なんかよく分からないけど、どこか抜けてる感を勝手に想像してしまうんです。
ただし傷つけるとカブレる白い液体を出すという、ちょっと危険ボーイでもありますが。

12030207.jpg
もちろんサボテンと同じくトゲが無い種類もありますよー

この我眉山はHCの片隅でゲッソリしていたヤツですが、
モリモリ葉を出して復活してきています。

もうすぐ生長期。植え替えもしなきゃーね。


↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。