スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田農法のほうれん草&小かぶ発芽

10111402.jpg
11月中旬に(遅い)種まきしたほうれん草と小かぶ。

今回初めて、ひゅうが土の細粒と液肥のみで育てるという「永田農法」に実験的にチャレンジします。
チャレンジしようと思った理由は「土のリサイクルが超~カンタン!」だからです。
酸性土壌を嫌うほうれん草にはケイ酸カルシウムを土に混ぜました。
永田農法で推奨している住友液肥は手元にないので、手持ちのALAちゃん液肥で代用しようと思います。
今回うまく栽培できたら住友液肥を購入しようかな。

ちなみに手ごろな鉢がなかったので、100均で売っていたA5サイズほどの小さいプラスチックのバスケットに、手持ちの不織布を敷いてみました。

種まきして待つこと約一週間・・・
10111408.jpg
ぽつぽつと発芽し始めました。

10111409.jpg
サラダほうれん草。

10111410.jpg
普通のほうれん草。

10111411.jpg
小かぶ。

さてさて上手く育ってくれるかしら?!

・・・・・普通の培養土で野菜育てた経験もほとんど無い私だけど。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。