Archive

2011年07月 1/3

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

シオヤアブ来訪&涼しくバラシュート好調

「真夏は咲かせない!」と蕾を摘んでいても、どこかで咲いちゃってるバラたち・・・フランシスデュブリュイがさわやか夏顔で咲いています。こちらは切花用に咲かせているペイシェンス夏でも花の形はくずれませんが、花びらは少なめ。9階マンションにあるバルコニーにもかかわらず、毎日いろんな虫がやってきます。昨日は粘着タイプの虫トラップに、ヤモリが2匹かかっていました・・・ 大阪にもいるのね虫を追いかけてここまで来て...

  •  6
  •  -

2番花残り香

2番花終わったーと思っていたら、葉に埋もれるようにぽつんと咲いていたウィリアムシェークスピア2000意外に綺麗に咲いてくれていましたクリーミーエデンの2番花パっと見綺麗ですが・・・引きで見るとしみだらけ。ジューンベリーの枝に絡ませているクレマチスの2番花が満開こちらでもこちらもでも接近している台風の影響で9階マンション今日から雨風がかなり強めで明日明後日で散ってしまいそうーこのマンションに移って多分初めて...

  •  2
  •  -

実ー!

ブルーベリーの収穫はハイブッシュ系からラビッドアイ系に移ってきています。写真はR・バルドウィン。ラビッドアイの中では大粒で房なり。オリーブの実も、雨が降ると一気に大きくなります。トマトはだいたい収穫3段目ぐらい。なす千両2号は5本目の収穫ー...

  •  0
  •  -

アストリット~、セントセシリア折り曲げ剪定

右半分何者かに食べられてヘンテコな形で咲いたアストリットグレーフィンフォンハルデンベルク。今年大苗で迎えたバラですが、真っ先にうどんこ病にかかり、梅雨時には黒点病を発症し・・・手がかかりますが秋までになんとか綺麗に咲いてくれるよう手入れしなきゃ。太くて勢いのあるシュートが出て不恰好になっていたセントセシリア折り曲げ剪定をすることにしました。はさみの柄にはさんでぎゅ~~っとつぶし、ゆっくり曲げて完了...

  •  4
  •  -

夏も素晴らしい花形シャンテロゼミサト

夏も元気にシャンテロゼミサト(スーエマニュエル)は咲いています。樹勢が強く、春には腰の高さぐらいで咲いていたのが今回は目の高さ。色もしっかりグラデーション。濃いピンク色から内側に向かって淡いピンク色に変化大きさも春とそれほど変わらずきれいに咲きました。他のバラ2番花の多くが夏仕様で小さく咲く中、デルバールの花はどれも大きくしっかりしている印象。このシャンテロゼミサトが今年2番花最後。今年の夏は切花に...

  •  2
  •  -

プルーン・プレジデントが枯れた理由

冬に購入して8号鉢に植え替えて芽吹きを待ったプルーンのプレジデント。春に芽吹いた芽はたいそう貧相で、2週間ほどで枯れてしまった・・・。原因は?根腐れかと思っていたがどうやら違ったようで。諦めて鉢をあけようと思いマルチングを取ろうと株元と眺めて初めて気が付いたテッポウムシの食害と思われる穴と、脱皮した抜け殻。真冬にネットで苗を購入したので、虫が入り込んだのは購入以前。ちょっと悔しいがいまさらどうしよう...

  •  0
  •  -

シャンテロゼミサト花束

携帯アプリから投稿テスト雨の前にシャンテロゼミサトの2番花を切花に。美しい~...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。