Archive

2011年06月 1/8

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

コールラビ収穫

種から育てていたコールラビを収穫。本当はもっと大きくなるんだろうけど、青虫被害がひどかったのと、スペースの関係で。薄くスライスして食べたら、キャベツの芯とジャガイモを混ぜたような不思議な食感。 姿形が可愛いので、夏野菜が終わってスペースが出来たら秋に再チャレンジしようと思う。...

  •  0
  •  -

テントウムシそっくりの害虫、ヘリグロテントウノミハムシ

今年初めてオリーブが実をつけ、嬉しくて毎日実ばかりを見ていた。オリーブ自体にそれほど害虫がいない(ベランダで気をつけるのはテッポウムシぐらいか)のだけれど・・・6月下旬のある日、いつものように実の太り具合を観察していてふと目についたオリーブの葉の食害跡。しかも枝先の新芽。ム・・・!誰だ?!よくよく見ると、あっちにもこっちにも!犯人を捜してオリーブの葉裏をチェックしたところ、あるオリーブの葉に・・・...

  •  0
  •  -

ハートがいっぱい・チャールズレニーマッキントッシュ

ERのチャールズレニーマッキントッシュハート型の花びらがチャーミングなバラ香りは鼻を近づけないと感じられないけれど、香りの弱さは見た目で補います!樹形は今のところ極めてコンパクト。背は低いけれど枝は意外としっかりしていて、花が上を向いて咲いてくれています。★チャールズレニーマッキントッシュ(シュラブ・デビッドオースチン)1988年作出花径:8~10cm 四季咲き香り:弱~中樹形:横張り 背は低くコンパクト我が...

  •  0
  •  -

たくさん咲いたシャンテロゼミサト

◎更新時と開花時期にタイムラグあります。5月中旬に咲いた春の一番花を記録しています。去年の夏に新苗で迎えて、秋は数えるほどしか咲かなかったデルバールのシャンテロゼミサト。今年の春は我が家のデルバールの中では一番たくさん花を咲かせました。花びらがぎゅーっと詰め込まれた、質量のあるカップ咲き。外側の濃いピンク色から中心の薄いピンク色になるまでの絶妙なグラデーション雨だろうが暑かろうが綺麗に咲いてくれる頼...

  •  0
  •  -

5月、待望のバリエガタ・ディ・ボローニャ

◎更新時と開花時期にタイムラグあります。5月中旬に咲いた春の一番花を記録しています。去年の春に新苗で育てはじめ、1年後の今年初の開花バリエガタディボローニャ白地にピンクのストライプブルボン系の綺麗なカップ咲きで咲き始め、咲き終わりはポン!とはじけます。まだ枝が細く、枝の長さも1.5mほどで今年はそれほど花つきはよくありませんでしたが、おしゃれなストライプの花は期待通りの存在感。同じブルボン系のラレーヌビ...

  •  2
  •  -

繊細な美しさ・ガブリエル

◎更新時と開花時期にタイムラグあります。5月中旬に咲いた春の一番花を記録しています。バラ栽培2年目で、こんな繊細な見た目のバラが育てられるかしら?!と悩んで悩んで・・・結局今年大苗で迎えてしまったガブリエル。春の芽吹きは思ったよりも力強く、枝もしっかりしていて意外でした。中心が紫とも墨色ともいえぬ、なんと表現してよいのやら非常に美しい淡色が、外に向かって次第に白くなっていきます。切花にしても花持ちが...

  •  0
  •  -

大人発色・アマンディーヌシャネル

◎更新時と開花時期にタイムラグあります。5月中旬に咲いた春の一番花を記録しています。想像以上の花姿にドキドキのアマンディーヌシャネル★アマンディーヌシャネル(シュラブ・ギヨー)花径:8~10cm 繰り返し咲き香り:弱樹形:直立性 現在約1.5m我が家での病害虫耐性:様子見中↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。