Archive

2010年12月 1/1

色づく多肉

夏の間、「・・・・・枯れた?」と見間違えそうになるほどしわしわ真っ黒けだった黒法師。秋終盤になってもりもり元気になりました。そして現在の姿。朝しか日が当たらない場所においてあるので緑緑しているけれど、とても調子よさそう。セダムのオーロラは秋から次第に綺麗なピンク色に変わり・・・現在。ピンク、濃くなりました。10月下旬頃はまだら模様だった虹の玉も・・・渋い紅色へ。月の王子?も先がほんのりピンク色。もけ...

  •  0
  •  -

紫のアネモネ&パンジー

濃い紫色のバラは初心者の私では育てるのがなかなか難しいので、バラ以外の花で紫色があるとどうしても惹かれてしまう。紫色のアネモネ。紫色のパンジー。どちらも花が少ない冬に大活躍。...

  •  1
  •  -

アンブリッジローズ咲く

火、水と比較的気温が高かったためか、ずっと丸いままだったアンブリッジローズがふわっと開いた。このなんとも優しい色合い、たまりません今年の春から初めてバラを育てましたが、春、夏、秋、冬と一年中咲くバラを見てきて、季節ごとにバラの花姿が驚くほど違うのにはびっくりしました。花の形、花びらの数、色、大きさ・・・ 「あれ?あんた誰?」と戸惑ったことは数知れず・・・いつのまにやら増えに増え、鉢栽培にもかかわら...

  •  0
  •  -

黒っぽい真紅、12月のウィリアムシェークスピア2000

ぐしゃぐしゃっとずいぶん乱れた状態で咲いた12月のウィリアムシェークスピア2000。春~夏は少し紫寄りの真紅で咲いていたのですが、寒いこの時期に咲いたのは黒寄りの真紅。どちらにしても、別嬪さんであることには変わりないデス♪今年集めに集めたバラはピンク色が多いので、来年予約している大苗は2種類、真紅のバラを選びました。(といっても予約しているのは2種類だけではナイ)...

  •  0
  •  -

今年最後のアンブリッジローズ

秋に一番乗りで咲いてくれたアンブリッジローズ・・・12月も終盤にさしかかったこの時期に再び咲き始めました。他のバラが休眠準備にとりかかって紅葉・落葉しているのに、このアンブリッジローズは青々としてるなあ・・とは思っていたのですが・・・気が付けば蕾があちこちほころびはじめていました。いままで見た中で一番柔らかい色あいの花びらはとっても甘いお菓子のよう・・・寒い時期なので、ゆーっくりゆーっくり花びらが開...

  •  0
  •  -