Category

食虫植物・水生植物 1/2

セファロタス フォリキュラリス くちびるマン

セファロタス フォリキュラリス Cephalotus. folicularisもう、真っ赤なルージュしたたらこくちびるにしか見えない。我が家では年中外のベランダに置いている。ホントはもっと高湿度で育ててあげたいが・・・暑さ寒さにもかなり強い。素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓...

  •  0
  •  -

ディオネアとドロセラ

涼しくなって元気を取り戻したディネア。でももう少し寒くなると休眠期。春に花が咲き、もはや雑草並にそこらじゅうで増えまくるドロセラ。捕虫葉がキラキラで綺麗ではある。↓素敵なお庭&ベランダがいっぱい!↓...

  •  0
  •  -

食虫植物たちを簡易温室へ

休眠寸前のハエトリソウやモウセンゴケたち。そろそろ霜が降りたり凍る季節になってきたので、今年はルーフバルコニーの簡易温室に入れることにしました。エケベリアなどの多肉たちとの同居です。うーん、汚い。ウツボカズラとムシトリスミレはすでに室内で、湿度を必要とするウツボカズラは虫などの飼育用プラケースに入れています。サラセニアは今年も野ざらし。去年毎日凍っていたけれど、大丈夫そうなので。↓素敵なお庭&ベラ...

  •  0
  •  -

ずらりと食虫植物

朝晩の気温が20度近くになって、ちょっと心配なのは熱帯性ネペンネスのこちらさん。20度を下回るようになったら室内に取り込まなくては。ハエトリソウやモウセンゴケの一部、サラセニアは今年も屋外越冬の予定です。夏の日が長い間は北東を向いたこの場所も、12時近くまで日が当たっていたんですが、日が短くなってほとんど日が入らなくなってしまったので、置き場所代えるべきか迷っています。丈夫なサラセニアはこの場所で去年も...

  •  0
  •  -

多肉やら食虫やら

ルーフバルコニーに雨ざらしの多肉たち。夏型のユーフォルビア系は今元気いっぱい。春に適当に植えたサボテンも倍以上の大きさになりました。夕映えと虹の玉。暴れています。こちらは食虫植物。ピンギキュラ。ドロセラ。粘着式のドロセラたちも、こうしてマクロで見るとなかなか綺麗です。ディオネアも。手持ちマクロではすぐ焦点がずれてしまうぐらい小さいので、もうちょっと涼しくなったら三脚立ててじっくり撮りたい食虫植物た...

  •  0
  •  -

1年中ほったらかしサラセニア

今年で4年目?5年目?のサラセニア鉢。今年の冬は面倒くさくて水苔も変えずにそのまま。かなりギュウギュウ。間から雑草が生えてしまっています。4種類いるんですが、年々大きくなって補虫葉も大きくなってきています。年中腰水栽培なので、冬には凍って葉もボロボロになるんですが、春になるとモリモリ復活&花を咲かせます。この大きな口、時々アシナガバチがのどを潤すために中にたまった水を飲んでいるんですが、以前お仲間が...

  •  0
  •  -

アグレッシブプランツ★ディオネア

ディオネア、所謂ハエトリソウです。我が家にはディオネア、サラセニア、ドロセラ、ピンギキュラなどの世話要らずな食虫植物+ちょっと寒さと乾燥に敏感なネペンネスが常駐しています。ネペンネス以外は基本ほったらかし栽培。あ、メダカ鉢の中には今年からタヌキモも仲間入りしました。そんな食虫植物の中で、見た目も行動もちょーアグレッシブなディオネア。この補虫葉の中に生えているセンサーに2回振動があると、パクっと葉を...

  •  0
  •  -